見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
smma-event
smma-event
佐藤忠良記念館開館20周年記念写真展「写真家ベンジャミン・リーの見た彫刻家佐藤忠良」
開催期間:2010年07月04日(日) 〜 2010年12月23日(木)

【「佐藤忠良記念館にて」1996年 Photo by Benjamin Lee】

 今回展示するのは、佐藤忠良氏を撮影してきたカナダ人写真家ベンジャミン・リー氏の写真です。リー氏は、これまで彫刻家ヘンリー・ムーアやヴァイオリニストのユーディ・メニューインをはじめ、三宅一生や安藤忠雄など世界の芸術家の肖像を撮影してきました。
 佐藤氏のポートレイトやアトリエでの制作風景は、多くの写真家が撮影していますが、リー氏の写真はパノラマカメラを駆使し、独自の表現スタイルで彫刻家の素顔に迫ったものです。これらの作品は、1996(平成8)年に東京都内で

「ベンジャミン・リー写真展:彫刻家佐藤忠良の世界」

として発表され、反響を呼びました。今回はモノクロ銀塩プリントだけでなく、和紙に出力した大画面のプリントによって会場が構成されています。佐藤氏のアトリエや近辺で撮影した写真のほか、宮城県美術館佐藤忠良記念館内で撮影した写真も含まれており、20周年記念展示にふさわしい内容で、本年末まで長期にわたって開催いたします。ぜひお越しくださいませ。

          

            【「アトリエの佐藤忠良」1996年 Photo by Benjamin Lee】

◆会  期:2010(平成22)年7月4日(日)~12月23日(木・祝)
◆休 館 日:毎週月曜日(ただし祝日は開館)・7月20日(火)・9月21日(火)・10月12日(火)
◆開館時間:9:30~17:00(発券は16:30まで)
◆会  場佐藤忠良記念館 展示室9
◆観 覧 料:宮城県美術館常設展料金 一般300(240)円、大学生150(120)円、高校生以下は無料
       ※( )内は、20名以上の団体料金
◆主  催:宮城県美術館
◆後  援:河北新報社
◆協  賛:小津和紙  KOSEKI/PHOT・TEC  浦霞醸造元株式会社 佐浦  株式会社 藤崎
       株式会社 アースホールディング  伝承千年の宿 佐勘  イタリアワインROTARI  
       株式会社 七十七銀行

―――ベンジャミン・リー プロフィール――――――――――――――――――――――――――――――――――
 1969-72年 トロントのライアーソン・ポリティカル・インスティテュートで写真を学ぶ。
 1977年 ロンドンンのソーホー地区にベンジャミン・リー・スタジオを設立。企業の広告写真を手がける一方で、欧米の著名
       人の肖像を撮影
 1987年 日本に拠点を移す。日本の文化人たちの肖像を撮り始め、1989年から佐藤忠良氏を撮影。
 1996年 東京フジタ・ヴァンテで「彫刻家佐藤忠良の世界」開催。
 2002年 写真集『オデッセイ』出版。カナダ大使館、草月会館などで個展。世界各地を取材した「トラベルストーリー」シ
       リーズとともに、芸術家のポートレイトの撮影を継続しており、現在、その作品を雑誌『Pen(ペン)』(月2回
       発行)に「創造の現場」と題して連載中。

 ベンジャミン・リー HP :http://www.benjamin-lee.jp/
___________________________________________________

問い合わせ宮城県美術館 電話 022-221-2111(担当=学芸部 三上)

LINEで送る
Pocket