見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
museum
museum
手織りのコースターをつくろう
開催期間:2010年07月02日(金) 〜 2010年08月22日(日)

手織りコースター

 「ペルー」という国のある場所で、織物がさかんに行われ始めたのは、今から2000年くらい前からです。
 シカン文化が発展したのは、それからさらに1000年くらい後のことでした。シカンの遺跡からも、タペストリーやミイラを包んだ布などいくつかの織物が発見されています。
 現在仙台市博物館で開催中の特別展「黄金の都シカン」の展示資料「ミイラ包みの多彩式飾り帯」や、ペルーの国旗からイメージしたデザインのコースターを、あなたも織ってみませんか。

◆日  時:2010年7月2日(金)~8月22日(日)
◆開館時間:9:00~16:45(入館は16:15まで)
◆休 館 日:毎週月曜日
◆会  場:仙台市博物館内・プレイミュージアム
◆参加自由、材料費無料

※ 織機は数に限りがありますので、混雑の際はお待ちいただく場合があります。

※ プレイミュージアムのご利用には入場券(常設展観覧券)が必要です。
 入場料について、詳しくは仙台市博物館のホームページをご覧ください。

※材料や用具は用意してありますので、お気軽にご参加ください。

織り機

①右から、上下のたて糸の間に糸を通します


②糸を通して織っていきます


③織り終わったら、たて糸を適当な長さに切ります

【お問い合わせ】仙台市博物館 電話(022)225-3074

LINEで送る
Pocket