見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
jomon
jomon
ミニ企画展「川沿いのムラの環境と暮らし」
開催期間:2012年10月12日(金) 〜 2012年12月16日(日)

川沿いの集落で暮らしていた縄文人は、水の恵みを受けながらどのような生活を送っていたのでしょうか。九年橋遺跡(岩手県北上市)、赤生津遺跡・芦見遺跡(仙台市)などの出土品から晩期の縄文ムラの暮らしを紹介します。

  ■会期:2012(平成24)年10月12日(金)~12月16日(日)
  ■開館時間:午前9時~午後4時45分(入館は4時15分まで)
  ■会場:仙台市縄文の森広場 展示室企画展コーナー・エントランスホール
  ■会期中の休館日:月曜日、毎月第4木曜日
  ■入館料:一般200(160)円、高校生150(120)円、小・中学生100(80)円 
      ※()は、30名以上の団体料金。
      ※地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)との共通入場券もあります。

        ▲ミニ企画展のご案内
         ▲ミニ企画展のチラシ

【ミニ企画展関連イベント】
 ギャラリートーク

 縄文の森広場の学芸員がミニ企画展について、分かりやすく解説します。
  ■開催日:10月21日(日)、11月18日(日)、12月 9日(日)
  ■開催時間:午前11時~11時30分
  ■会場:仙台市縄文の森広場 展示室企画展コーナー・エントランスホール
  ■参加費:無料 ※ただし入館料が必要となります。
  ■申込:事前申込は不要です。直接会場へお越しください。

◇ミニ企画展「川沿いのムラの環境と暮らし」は、縄文人はムラを
 どんなところに造ったのかを探る4回シリーズの第3回目です。
 シリーズの詳細はこちらをご覧ください。

【お問い合わせ】 仙台市縄文の森広場 TEL:022-307-5665

LINEで送る
Pocket