見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
literary-hall
literary-hall
こども文学館えほんのひろば かこさとしの世界
開催期間:2014年07月17日(木) 〜 2014年08月24日(日)
レポートを読む

人気絵本「だるまちゃん」シリーズや、『からすのパンやさん』、宇宙や自然について描いた科学絵本など、はばひろい作品で愛されている、かこさとしさんの世界をお楽しみください。

■会期:
2014(平成26)年7月17日(木)~8月24日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■会場:
仙台文学館 企画展示室
■観覧料:
一般 500円
高校生 200円
小・中学生 100円(どこでもパスポートを持参すると無料)
■休館日:
月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(7月22日)、第4木曜日

◇かこさとし(加古里子)氏 プロフィール

1926年福井県生まれ。児童文学者、工学博士。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながらセツルメント活動を行ない、子ども会で紙芝居や幻灯作品を作る。47歳で退職して作家活動に専念、未来を生きる子どもたちの知識を育てるため、数多くの作品を発表。2013年には40年ぶりとなる『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』の続編を刊行。今年も『だるまちゃんとにおうちゃん』など新刊を発表。現在も旺盛に執筆をつづけている。

 

【関連イベント】

①紙芝居公演

かこさとし「しろいやさしいぞうのはなし」や仙台を題材にした紙芝居を上演します。

■出演:
紙芝居や”ももたろう”(日野修 反保文子 沼田とし)
■日時:
7月27日(日) 13:30~14:10
■会場:
仙台文学館 2階おはなしかいのへや
■参加費:
無料
■対象:
小学生以上向け
■申込:
不要。直接会場へお越しください。

②ワークショップ クッキーづくり (要申込)

かわいいアイシングクッキーをつくります。

■講師:
焼き菓子つばめどう
■日時:
7月29日(火) <1回目>10:00~12:30  <2回目>14:00~16:30
■会場:
日立システムズホール仙台3階 クッキングルーム(旭ヶ丘/仙台市青年文化センター)
■定員:
各回親子8組 (大人1名につきこども2名まで)
■参加費:
1組 1,200円
■申込:
往復はがきに、参加者全員の氏名住所、電話番号、イベント名を記入の上、仙台文学館まで。
申込締切 7月15日(火)

③ワークショップ 「ウールのブローチづくり」 (要申込)

「からすのおとうさん」か「だるまちゃん」をブローチにします。

■講師:
もわもわ*びより
■日時:
8月2日(土) <1回目>10:30~12:30  <2回目>14:00~16:30
■会場:
仙台文学館 2階おはなしかいのへや
■対象:
小学4年生以上
■定員:
各回20名
■参加費:
1人につき1,000円
■申込:
往復はがき1枚につき、1名のお申込み。名前、住所、電話番号、イベント名を記入の上、仙台文学館まで。
申込締切 7月19日(土)

④「わんにゃんぶう」朗読劇

■出演:
鶴巻児童館児童クラブのこどもたち+武田こうじ(詩人)
■日時:
8月3日(日)11:00~11:40
■会場:
仙台文学館 2階おはなしかいのへや
■対象:
小学生以上向け
■参加費:
無料
■申込:
不要。直接会場へお越しください。

⑤文学館まつり

古本マーケット、移動動物園、クイズラリーなど、文学館が楽しいおまつりひろばになります。

■日時:8月3日(日)10:00~15:30


【同時開催イベント】

こども文学館 えほんのひろば

お話会(幼稚園から小学校低学年くらいを対象)を開催するほか、絵本のへやでは、自由に2000冊の絵本や児童書が読めます。

また、手作りコーナーでは、「かこさとし あそびの大宇宙」シリーズ(農文協)に紹介されている創作遊びの一部を大変できるメニューを用意しています。その他にも、しおりやぶんぶんごまなども作れます。(材料費がかかります)

お話会は申込不要です。直接会場へお越しください。スケジュールの詳細はこちらからご確認いただけます。

■会期:
2014(平成26)年7月17日(木)~8月24日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日:
月曜日、休日の翌日、第4木曜日
■観覧料:
無料

【お申込み・お問い合わせ】
仙台文学館
〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1
電話:022-271-3020  ファックス:022-271-3044

LINEで送る
Pocket

レポート
こども文学館えほんのひろば「かこさとしの世界」を見学してきました。

『からすのパンやさん』や「だるまちゃん」シリーズで知られる児童文学者 かこさとしさん。
 展示室の入口には、かこさんのメッセージが寄せられ、絵本を通してこどもたちに伝えたいことがやさしい言葉でつづられていました。

まず初めに向かったのは、「『からすのパンやさん』とパチリ☆」コーナー。
そこでは、『からすのパンやさん』がパンをつくっているではないですか!?
 私たちも、おそろいのコック帽を借りて、仲間に入れてもらいました。


▲記念写真をパチリ☆

このコーナーには、元気に育ったからすのこどもたち(チョコちゃん、リンゴちゃん、レモンちゃん、オモチちゃん)の“その後のおはなし”も紹介されています。

「かがく」や「あそび・せいかつ」のコーナーには、工学博士でもあるかこさんの数々の作品が紹介されています。自然や科学の絵本はもちろん、歴史や遊びの絵本もあり、それぞれに込められたメッセージが伝わってきます。かこさんが全国各地をまわって調査した絵描き歌の資料も並んでいて、絵本をつくるための緻密な作業も知ることができました。

「おはなし」のコーナーには、「だるまちゃん」シリーズや『おたまじゃくしの101ちゃん』など、かこさんの絵本が用意されていて、自由に手に取って読むことができます。懐かしい絵本も、読み返すと新しい発見があって面白いものです。

こども文学館えほんのひろば「かこさとしの世界」は、仙台文学館にて2014年8月24日(日)まで開催されています。
この機会に、ぜひ可愛い『からすのパンやさん』を訪ねてみてください。

仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局 石川

LINEで送る
Pocket