見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
コラム
シリーズ人Vol. 2 井上ひさし(仙台文学館)

SMMA参加館の学芸員をはじめ現場スタッフによるとっておきの情報や、地域のミュージアムならではの旬な情報をお伝えする「旬の見験楽学便」。

そのなかのSMMA参加館にゆかりのある人物にせまる特集「シリーズ人」から、第2回は、井上ひさし(仙台文学館)についてご紹介します。

井上ひさし(1934-2010)

(撮影:佐々木隆二)

昭和9(1934)年山形県生まれ。上智大学外国語学部フランス語科在学中から台本を書き始め、卒業後から放送作家として活動。絶大な人気を誇った『ひょっこりひょうたん島』を手がけた後、戯曲や小説、随筆の執筆に活動範囲を広げ、直木賞や岸田戯曲賞など数々の賞を受賞する。昭和59(1984)年「劇団こまつ座」を旗揚げ。海外からも高い評価を得る作品を多数執筆した。

▲井上ひさし座右の銘

仙台ゆかりの作家として仙台文学館初代館長を9年務める

中学3年生の時に家庭の事情で仙台の養護施設「光ヶ丘天使園」(現ラ・サール・ホーム)に身を寄せ、仙台第一高等学校卒業までの3年半を仙台で過ごした井上ひさし。“仙台で人間としての栄養をもらった”とみずから回想するように、仙台を大切な場所と位置づけていました。その縁あって平成10年4月に仙台文学館の初代館長に就任。翌年3月の開館後は、多忙な中でも来館して講演会や文章講座、戯曲講座を行うなど精力的に活動し、地方の文学館を全国に発信する大きな原動力となりました。

▲トレードマークの眼鏡や万年筆を展示

学芸員の印象に残る初代館長のエピソード

「文学館での打ち合わせ時に、『私の歯形をかたどった栓抜きのグッズはどうですか?』とか『動く展示として、その場で原稿を書いて、販売したらおもしろいんじゃないか』などと笑いながら冗談まじりに提案してくれました」と語るのは学芸室長の赤間亜生さん。一方で10周年のイベントで実施した井上作品のリーディングでは、出演者に「今日はたくさんのお客さんがいるけど、明日は一人かもしれない。それでも今日と変わらず、ベストを尽くしてください」と伝えたことも。作家・井上ひさしが歩んできた長い道のりを思わせる言葉として、赤間さんはとても印象に残っているそう。現場を愛し、人を喜ばせたいという初代館長の言葉や思いは、今でも文学館に息づいています。

▲『青葉繁れる』のプロット

【仙台文学館】

住所:仙台市青葉区北根2-7-1

電話番号:022-271-3020

営業時間:9:00-17:00(展示室入室は16:30まで)

休館日:月曜(祝日の場合は開館)、休日の翌平日、1〜11月の第4木曜

入館料:一般460円、高校生230円、小・中学生110円

(文:小原瞳)

※このコラムは2017年7月発行の「旬の見験楽学便」に掲載されたものです。

※仙台文学館についてはこちら

LINEで送る
Pocket