見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
tel:022-713-4483
fax:022-713-4482
email:office@smt.city.sendai.jp
2021年2月11日(木)放送 / 専門性が高いさまざまなテーマについて、学芸員がラジオでお話しします。
東日本大震災から10年となる今年、SMMA参加館のうち、仙台市博物館・仙台市歴史民俗資料館・せんだい3.11メモリアル交流館の3館が相互に、震災後の各館の活動や、現在開催している災害に関わる展示の内容をパネルで紹介します。※博物館は当面の間、臨時休館
カラフルな金属箔を作成し、葉脈に貼りつけてきれいな作品をつくります。
イベントは終了しました
北極の生き物や気候,日本の北極研究の取組について解説パネルや映像で紹介します。
イベントは終了しました
日時計の製作を通して,太陽・天体の動きを学びます。
イベントは終了しました
2021年1月14日(木)放送 / 専門性が高いさまざまなテーマについて、学芸員がラジオでお話しします。
2020年12月22日(火曜日)より旬の常設展2020冬「特集震災10年―災害を生きた人々」を開催します。※博物館は当面の間、臨時休館
歴ネット参加館(8館)にて『仙台の伝統的な門松』を展示します!!
イベントは終了しました
2020年12月10日(木)放送 / 専門性が高いさまざまなテーマについて、学芸員がラジオでお話しします。
野鳥観察の方法や双眼鏡の使い方を学び、冬の野鳥観察を行います。
イベントは終了しました
ロボットのプログラミングを行います。
イベントは終了しました
2020年12月1日(火曜日)より、4月に開催を見送った企画展「仙台の美と出会う」の開催に代えて、特集展示でそのエッセンスを紹介します。
11月より放送開始/毎月第2木曜 20:00-21:00
移動天文車ベガ号による天体観察会。ベガ号に搭載された望遠鏡で、見頃の天体を観察できます。
イベントは終了しました
オランダのライデン国立古代博物館の所蔵資料よりミイラや棺(ひつぎ)など約250点を展示。古代エジプト文明のさまざまな側面を解き明かします。
富沢遺跡をはじめとする、絵描き・細野修一さんが手がけた復元画の魅力についてお話します。
イベントは終了しました
野外展示「氷河期の森」の風景をより魅力的に撮影する方法を、仙台市在住のフォトグラファーが教えます!
仙台市内の各時代を代表する遺跡から出土した資料を展示しながら、富沢遺跡についてもご紹介します!
4月11日(日曜日)まで「せんだい3.11メモリアル交流館」(地下鉄東西線荒井駅内)にて、パネル展示「震災10年 災害を生きた人々」を開催しています!
地底の森ミュージアムの1年を振り返ります。当館ならではのクイズやフォトスポットも登場!どうぞ、お楽しみください。