見験楽学 さまざまな発見や体験を通じ、楽しく学ぶ。仙台・宮城のミュージアム情報サイトです。

SMMA東日本大震災 ミュージアム被災と復旧レポート
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
(せんだいメディアテーク内)
電話:022-713-4483
ファックス:022-713-4482
電子メール:office@smt.city.sendai.jp
books
旬の見験楽学便 2018年冬号ができました!

SMMA参加館の学芸員をはじめ現場スタッフによるとっておきの情報や、地域のミュージアムならではの旬な情報をお伝えする「旬の見験楽学便」2018年冬号ができました(2018年11月21日発行)。

 

▼表面

▼中面

 

「食にまつわるエトセトラ あったかミュージアム鍋」と題して、冬の定番グルメ・鍋の具材にちなんだSMMA各館の展示や活動をホットにお届けします。なるほど! な情報満載のSMMA特製ミュージアム鍋をどうぞご賞味あれ!

 

〜連載情報〜

◆ミュージアムdeブレイクタイム(東北大学史料館)
ミュージアムの見学とあわせて楽しめる周辺のスポットを特集しています。
今回は、東北大学史料館から歩いてすぐ、東北大生協が運営するショップや食堂、レストランをご紹介します。一般の方も気軽に利用できますので、ぜひ散策を楽しんでみてください。

◆シリーズ人(伊東 豊雄さん)
SMMA参加館ゆかりの人物を特集しています。
今回は、せんだいメディアテークを設計した建築家・伊東 豊雄さんをご紹介。
人を知って、ミュージアムをもっと身近に、もっと楽しく感じてください。

◆学芸員のひと休み(仙台文学館 三條 望さん)
ミュージアムスタッフが思いのままにミュージアムや日々の仕事について綴っています。
生き生きした言葉の中からミュージアムを楽しむヒントを見つけてみて下さい。
今回は、仙台文学館ならではの展示企画が生まれる、その裏側を垣間見ることができます。

 

「旬の見験楽学便」2018年冬号は、SMMA参加館および仙台市内の主要文化施設等で配布しています。

 

【お問い合わせ】
仙台・宮城ミュージアムアライアンス事務局
TEL: 022-713-4483(せんだいメディアテーク内)

LINEで送る
Pocket